本文へスキップ

TEL. 0978-28-5111

〒879-0600 大分県豊後高田市かなえ台37-1

会社概要COMPANY

社名
株式会社 東陽九州
所在地(本社・工場)
〒879-0600
大分県豊後高田市かなえ台37-1
アクセス
TEL. 0978-28-5111
FAX. 0978-22-0077
東京事務所
(株式会社 東陽製作所 本社内)
〒183-0046
東京府中市西原町1-4-1
TEL. 042-362-2266
FAX. 042-362-2269
資本金
2000万円
設立
2006年2月14日
代表取締役社長
長谷 貴弘
事業内容
自動車部品の製造・販売

各種金属素材に対する以下の加工
切削加工、研削加工、塑性加工(転造)、高周波焼入、焼戻      
審査登録
JIS Q9001:2015/ISO 9001:2015

沿革

1946年4月
東京都府中市東馬場(現 府中町)にて
長谷 信太郎が長谷工作所(前身)創業
1952年2月
社名を有限会社 東陽製作所として新たに発足
1953年8月
プリンス自動車工業株式会社より繊維機械部品を受注
1956年6月
資本金50万円に増資
1959年12月
代表取締役 長谷信太郎死亡により、長谷博彰代表取締役に就任
1961年2月
ブリジストンサイクル工業株式会社より、二輪車部品を受注
1962年11月
三和製機株式会社より切断工具部品を受注
1964年3月
資本金500万円に増資
1966年3月
共立農機株式会社よりエンジン用クランクシャフトを受注
1967年5月
厚木自動車部品株式会社より自動車用プロペラシャフト部品を受注
1968年7月
富士自動車株式会社よりクランクシャフト及び歯車類を受注
1970年5月
東京発動機株式会社よりクランクシャフト及び歯車を受注
1970年10月
資本金を1000万円に増資
1972年12月
有限会社を株式会社に組織変更
萓場工業株式会社より油圧ポンプ用シャフト類を受注
1973年3月
日産自動車株式会社より繊維機械部品を受注
1973年6月
資本金を3000万円に増資
1974年3月
山梨県都留市に山梨工場完成、操業開始
1985年1月
本社・府中工場新社屋完成、移転
1988年1月
小型縦型転造盤を開発、完成
1989年12月
同中型完成
1990年4月
同大型完成
1991年5月
一貫生産体制確立のため、府中工場に高周波焼入れ設備を設置
1992年1月
重要保安部品用専用ライン完成、ナックルスピンドルを受注
1994年6月
株式会社ショーワより自動車油圧ポンプ部品を受注
1995年5月
大型ディーゼルエンジン用コネクティングロットを生産
1996年5月
ユニシアジェックス株式会社より府中工場が QA-1 (自主品質保証体制)認定を受ける
2000年3月
同、山梨工場が QA-1 認定を受ける
2002年11月
全社同時に ISO 9001 認証取得
2005年11月
東京都より「東京都中小企業ものづくり人材育成大賞」を受賞
2006年2月
株式会社 東陽九州を設立
2007年2月
大分県豊後高田市に株式会社 東陽九州 社屋完成、操業開始
東陽九州に設備を導入し高周波焼入を内製化し、プロペラシャフフト部品の一貫生産体制を確立
2008年4月
日本精工九州よりボールネジ部品を受注し東陽九州で生産開始
2008年7月
東陽製作所 KESステップ2 認証取得
2012年3月
長谷貴弘 代表取締役社長に就任
2015年9月
株式会社東陽九州第2工場完成、操業開始
2015年10月
東陽九州に全自動高周波焼入・焼戻し設備を設置
2015年12月
山梨工場操業停止し府中工場と東陽九州に拠点集約
2016年9月
府中工場に全自動クランクシャフト加工ラインを5ライン新設